作品

作品 · 2018/10/29
10月24日~28日まで開催していたアトリエ・ピノ彫金仲間の作品展が終わりました。

作品 · 2018/10/27
久しぶりに昆虫を作ってみました。 10年ほど前には銅でたくさんの昆虫を作ったことがありましたが最近は全く作っていませんでした。 今回の作品展に合わせて銀の端材を利用して5匹が完成しました。カマキリ、オオスズメバチ、シオカラトンボ、クツワムシ、スズムシです。...

作品 · 2018/10/26
炉の青色は緑青という銅の錆を人工的に発生させたもので、この色を出すのに3回ほど失敗しながらなんとか作品展に間に合いました。

作品 · 2018/10/23
この作品は炉も火屋も純銀で、大きさは高さ95㎜幅120㎜、火屋の上には透かしのため切り取った部分を溶かして塊を作り、これを六角形に叩きつまみを付けました。 火屋の透かしは平らな状態で切り抜き、これを徐々に絞っていくのですが、この時に当て金の上で叩くときれいな籠目模様が型崩れするため少しずつ手で押さえながら炉の口径に合わせています。...

作品 · 2018/10/22
10月24日から始まる「アトリエ・ピノ彫金仲間の作品展」に出展する作品を順次紹介していきたいと思います。

作品 · 2018/10/10
10月24日(水)~28日(日)まで神戸クリスタルタワー2階の県民ギャラリーで彫金仲間の作品展に出展します。 今回の作品は香炉5点と昆虫5匹で写真はその中の1点の蟷螂です。

作品 · 2018/08/02
暑い中、10月中旬に予定しているグループ展に出展するための作品作りに追われています。 香炉の火屋づくりのため銅板を糸鋸で亀甲文に切り抜いています。直径10㎝の円板の中に61個の六角形があるのですが、単純な形だけにこれが結構難しく、きれいに整った形にするため約半日がかりでした。 この後全体を丸く半球状に叩いて火屋にしていく予定です。...

作品 · 2018/04/10
知人の新築祝い用として久々に香炉を作りました。 本体は三つ足、火屋は六角のつまみをたたき出し、花弁を六枚透かしにしました。 着色は緑青と硫酸銅の混合液に梅酢を加え煮込みました。 煮込みは脱脂が十分でないと色むらになることが多く、失敗することもありますが、今回は一発で納得の色合いになりました。

作品 · 2018/02/08
ケーキ作りが好きな知人から、つば付の片手鍋を頼まれました。 これまで片手鍋はたくさん作ってきましたが、つば付というのは初めてで、依頼者といろいろと相談しながら作りました。 チョコレートを湯煎するのには蒸気が厳禁だとかで水平につばを付けることで水滴が鍋の中に落ちるのを防ぐためだそうです。 その上取っ手の反対側にはフックを付けているので湯煎をする際外れないようになっています。 柄は椿の木を磨いたものです。 色々なアイデアのある片手鍋ができました。