クラフト · 2019/05/19
心配した天気も何とか晴れ間も出る2日間でした。 姫路城をバックに絶好のロケーションのシロトピア公園で154組の出展者によるフェスティバルが終わりました。 1年前にぐい呑み作りの体験ができなかったと、1年間待っていてくれた若い男性、5~6回目の体験という男性、酒屋さんの若い女性などたくさんの方がぐい呑み作りに挑戦してくれました。...

クラフト · 2019/04/26
今年も出展します。 アーティストフェスティバルは4回目となりますが、前身のアートクラフトフェアからは12回目の出展です。

2019/03/14
あべのハルカス美術館で開催されている「驚異の超絶技巧!明治工芸から現代アートへ」を見に行ってきました。 金工をはじめ七宝、木彫、牙彫など本当に驚きの技巧による作品ばかりでした。...

作品 · 2019/02/07
春のクラフトフェアに向けて作品作りをしています。 これまでは片手鍋を中心に作ってきましたが、お客様から両手鍋の要望もあり蓋付の両手鍋を作ってみました。 内側には錫を引き外側は色付けせずに銅の地肌をそのままにしています。 取っ手は銅の丸棒を叩いたものと、真鍮の丸棒を叩いたもので、蓋の形も平らなものとやや丸みのある二通りにしました。...

クラフト · 2018/11/05
 台風の影響で中止になっていた第27回アートクラフトフェスティバルinたんば」が11月3日、4日に延期開催されました。

作品 · 2018/10/29
10月24日~28日まで開催していたアトリエ・ピノ彫金仲間の作品展が終わりました。

作品 · 2018/10/27
久しぶりに昆虫を作ってみました。 10年ほど前には銅でたくさんの昆虫を作ったことがありましたが最近は全く作っていませんでした。 今回の作品展に合わせて銀の端材を利用して5匹が完成しました。カマキリ、オオスズメバチ、シオカラトンボ、クツワムシ、スズムシです。...

作品 · 2018/10/26
炉の青色は緑青という銅の錆を人工的に発生させたもので、この色を出すのに3回ほど失敗しながらなんとか作品展に間に合いました。

作品 · 2018/10/23
この作品は炉も火屋も純銀で、大きさは高さ95㎜幅120㎜、火屋の上には透かしのため切り取った部分を溶かして塊を作り、これを六角形に叩きつまみを付けました。 火屋の透かしは平らな状態で切り抜き、これを徐々に絞っていくのですが、この時に当て金の上で叩くときれいな籠目模様が型崩れするため少しずつ手で押さえながら炉の口径に合わせています。...

作品 · 2018/10/22
10月24日から始まる「アトリエ・ピノ彫金仲間の作品展」に出展する作品を順次紹介していきたいと思います。

さらに表示する