クラフト · 2018/09/13
今年の秋のクラフトフェアは、たんばと長浜に出展します。 たんばはここ数年毎年出展していますが、長浜は昨年に続いて二度目となります。

クラフト · 2018/08/22
8月25日(土)~26日(日)に長野県木曽福島の街中で催される木曽の手仕事市http://kiso-teshigotoichi.com/に出展します。 はじめての出展なので雰囲気は分かりませんが、古い宿場町全体がクラフト展の会場になるということで、他のクラフト展とはまた違った楽しみ方もあるのかなと思い応募しました。 今年は過去最高の170人以上のクラフトマンが全国から出展されるということで、新しい出会いも期待しています。

作品 · 2018/08/02
暑い中、10月中旬に予定しているグループ展に出展するための作品作りに追われています。 香炉の火屋づくりのため銅板を糸鋸で亀甲文に切り抜いています。直径10㎝の円板の中に61個の六角形があるのですが、単純な形だけにこれが結構難しく、きれいに整った形にするため約半日がかりでした。 この後全体を丸く半球状に叩いて火屋にしていく予定です。...

作品 · 2018/04/10
知人の新築祝い用として久々に香炉を作りました。 本体は三つ足、火屋は六角のつまみをたたき出し、花弁を六枚透かしにしました。 着色は緑青と硫酸銅の混合液に梅酢を加え煮込みました。 煮込みは脱脂が十分でないと色むらになることが多く、失敗することもありますが、今回は一発で納得の色合いになりました。

クラフト · 2018/03/21
今年もクラフトフェアの季節がやってきました。 最初は姫路城の北側のシロトピア公園で開催される「ひめじアーティストフェスティバル」https://www.himeji-art-fes.com/です。ここはもう10年以上も連続して出展しているので、ぐい呑み作りのワークショップを楽しみに来てくださる方も多く、また、出展者もなじみの方が多いのでお会いするのが楽しみです。

作品 · 2018/02/08
ケーキ作りが好きな知人から、つば付の片手鍋を頼まれました。 これまで片手鍋はたくさん作ってきましたが、つば付というのは初めてで、依頼者といろいろと相談しながら作りました。 チョコレートを湯煎するのには蒸気が厳禁だとかで水平につばを付けることで水滴が鍋の中に落ちるのを防ぐためだそうです。 その上取っ手の反対側にはフックを付けているので湯煎をする際外れないようになっています。 柄は椿の木を磨いたものです。 色々なアイデアのある片手鍋ができました。

体験教室 · 2018/01/30
昨年の能登島クラフトで知り合った石川県の女性が銅鍋作りの鍛金体験に来てくれました。 彼女は真鍮のアクセサリー作家さんで、以前にも鍛金の経験があることから、金槌の使い方も上手で三日間一生懸命に叩き、銅の片手鍋と錫のコップをつくりました。

2017/12/07
御殿場でのクラフトも終わり、来年の5月までクラフトフェアへの出展はお休みのため、ちょっと難しい作品に挑戦してみました。 これまで何回か挑戦したものの、注ぎ口の上部が薄くなり割れてしまって、成功したのは2回だけだったのですが、今回も何とか成功しました。...

2017/10/26
 親友から大きなスーツケースが届き、あけてみると卓上旋盤が入っていた。親友が数年前に買ったものだが、一度も使わずに置いていたそうで、新品のままだった。  これまでミニチュア鍋の蓋の取っ手などは、真鍮棒をボール盤に挟み、ヤスリを当てて削っていたが、これでたぶん簡単に削れるはずである。...

2017/10/17
10月のクラフトフェアが一段落しました。 たんば、長浜、能登島と3週続いたクラフトフェアが終わりました。 いずれも雨には会わず恵まれ天候でした。 長浜は今回が初めての出展であり、有名な黒壁スクエアや海洋堂美術館のある商店街のアーケード内に出展したため、すごい人出でした。...

さらに表示する